【光目覚まし時計人気ランキング】実際に購入してどこよりも詳しく解説!

  • もうちょっとだけ・・・
  • 身体がだるくて起きたくない
  • 仕事に行きたくない
  • 朝起きるのが辛い
  • 暗いとどうも気持ちが沈みがちになる

 

など、このような悩みを持っている方は、多くおられることと思います。

目覚めに対して悩みや不快感を持っている人の共通の願い、それは

できれば気持ちよく目覚めたい!ではないでしょうか。

 

このサイトでは、そんな願いを叶えてくれる今人気の光目覚まし時計7個を実際に購入して絶対に起きられる最強の光目覚まし時計はどれなのか様々な角度から検証し、どこよりも詳しくレビューしています。

とりあえずどれがいいの?せっかちさんのための光目覚まし時計早見表

今回は詳しいレビューや光目覚まし時計を選ぶコツの前に、それぞれのスペックや特徴を早見表にしてみました。購入を急いでいる方の参考になれば幸いです。

※表はスライドできます。

光目覚まし 比較ランキング 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
イメージ
商品名 inti 4 ブライトアップクロックⅡ ブライトライトME+ Wake-Up Light HF3520 サンライズクロック YABAE WAKE UPLIGHT Vansky ウェイクアップライト
価格 27,700円(税込・送料無料) 21,364円(税込・送料込) 39,800円(税込み・送料込) 22,000円(税込) 18,800円(税込)※変動あり 3,985円(税込) 3,880円(税込)
照度 (30cm離れた場所での照度) 20,000ルクス (2,500ルクス) 30,000ルクス (3,000ルクス) 50,000ルクス (10,000ルクス) 10000ルクス (300ルクス) 2000ルクス (不明) 不明 2000ルクス (不明)
設定のしやすさ
効果
持ち運び ◎(出張にも) × × × × 〇(キャンプにも)
サイズ・重さ 12cm幅×15cm高さ 300g 53.5×11×13.5cm 1.52kg 53.5x33x13.5cm 約4.3kg 12.7×18.3×18.3cm 540g 24×18×18cm 1.2kg 17.5×10×10cm 400g 17×17×10cm 215g
ライトの持ち LEDで長寿命 切れたときには専用の 特殊蛍光灯を買う必要アリ 切れたときには専用の 特殊蛍光灯を買う必要アリ LEDで長寿命 電球交換 LEDで長寿命 LEDで長寿命
保証 3ヶ月使用して効果が無ければ全額返金保障 使用中の故障も一年保証 初期不良、初期破損のみ無料修理交換 初期不良、初期破損のみ無料修理交換 × 商品自体に不具合があった場合 1年間無料修理または無料交換 12カ月の品質保証 不明
体験レポ 体験レポはコチラ 体験レポはコチラ 体験レポはコチラ 体験レポはコチラ 体験レポはコチラ 体験レポはコチラ 体験レポはコチラ
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

詳しい体験レビューや実際に写真に写した照度の違い、見やすいランキングは下にあります。

朝起きられないのは光のせい?!

朝起きられない原因にはいくつかのものがありますよね。

ですが、皆さんが意外と意識しておられない部分として、朝目覚める時に、十分な光を浴びることができていないということも関係しているのです。

実は深く関係していた!光と目覚め

人間の身体は、目で光を感知することによって、体内時計を調整していると言われています。
体内時計とは、朝起きるタイミング、そして寝るタイミングをコントロールしているもので、人間の臓器に存在しています。

この体内時計は、朝日を浴びることでセロトニンの分泌を促し、メラトニンの分泌を抑制させます

セロトニン 照度2,500ルクス以上の明るい光を目から取り入れることで活性化する、目覚めを促進させるホルモンです。
メラトニン 睡眠を促しているホルモンで、暗くなるにつれて分泌されるようになります。

このセロトニンとメラトニンをコントロールすることで、朝と夜の区別をつけ、目覚めをスッキリさせてくれるというわけです。

音や振動で起こす目覚まし時計は光で起きるよりも疲れやすく、自律神経の乱れを引き起こすと言われています。リラックスして気持ちよく寝ているところに突然大きな音が流れたら、神経は緊張してしまい、乱れてしまうのです。

だるい朝も頭からスッキリ起きるには・・・?

では、朝すっきり起きるためにはどうすればいいのでしょうか。
その答えはとてもシンプルで、”光を目に取り入れてあげればいい”のです。

ゆっくりと日の出のような感じで光を取り込むことで、自然と体内時計が調整されます。

これだけで、自律神経を乱すこと無く、すっきりと起きることができるようになります。

 

光なら部屋の電気でもいいの?

光を目に取り入れるということは、部屋の電気でも良いの?と思った方もおられると思います。
部屋の電気も確かに明るいですし良さそうですが、その光では足りません。

というのも、人がしっかり目覚めることができて、体内時計をリセットすることができるのは、照度2,500ルクス以上と言われているためです。

照度
朝の日光 10,000ルクス
コンビニの電気 1,500ルクス
家庭の電気 700ルクス

このように、家庭の電気は一般的に700ルクス程度と言われており、2,500ルクスにはとどかないのです。

つまり、一般家庭で2,500ルクス以上の明るさを、起きる前に目にあてて自然に目を覚ます・・・なんてことはほぼ不可能なんです。

では、どうすればいいのでしょうか・・・
そこでおすすめしたいのが、「光目覚まし時計」です!

 

嫌でも起きちゃう!光目覚まし時計の選び方~3つのポイント~

一般に販売されている光目覚まし時計は照度の差だけでなく、様々な機能がついていたり、価格もバラバラなので、どれを選べば良いのか分からないという方も多くいらっしゃいます。
そこで、光目覚まし時計の選び方について、少しご紹介していきたいと思います。

  1. 照度を確認する(2,500ルクス以上かどうか)
  2. ライトの種類を確認する
  3. サイズを確認する(リビング等に移動が可能かどうか)

 

以上の3つが、光目覚まし時計を選ぶ際に必要な最重要ポイントとなります。

その1:照度を確認する(2,500ルクス以上かどうか)

まずは、照度を確認していきます。

前述の通り、人がしっかり目覚めて体内時計をリセットすることができる照度は、2,500ルクス以上となっています

これ以下の照度でも起きられる方もおられますが、できれば2,500ルクス以上のものを選ばれることをおすすめします。

 

その2:ライトの種類を確認する

次に、ライトの種類を確認することも大切です。

光目覚まし時計には、LED使用でライトの交換が必要ないものや、電球のもの、特殊な蛍光灯を使用し交換が必要なものなど、様々です。

購入してから余計な出費がかからないことや、交換期間を把握しておくことも重要になってきます。

その3:サイズを確認する(リビング等に移動が可能かどうか)

最後に、サイズを確認していきます。
出張や旅行など頻繁に外泊される方の場合、持ち運びができるサイズの方が便利ですよね。

合わせてリビング等に移動が可能な大きさかどうかもチェックしておくことをおすすめします。

自律神経を整えたり体内時計をリセットし、今後より良い目覚めにしていくために目覚めてから30分、その光を十分に取り入れることも大切になってきます。

そのような点を考えると、持ち運びが可能なサイズであることもある程度重要になるのですね。

最強の光目覚まし時計はどれ?徹底検証してみました!

今回購入したのはこの光目覚まし時計たちです。

inti SQUAREがリニューアルして

inti4(インティフォー) となりましたので

inti4 でレビューしなおしました^^

光目覚まし時計の火付け役、大人気インティ4から

高照度光療法で使用できるブライトライトME+、

様々な機能で入眠までサポートしてくれるサンライズクロックまで、

名実ともに今の光目覚まし時計界を代表する7商品です。 

※動画ですぐに見たい方はコチラをご覧ください。

 

光の強さを同じ露出で撮影した写真でみてみる

一応一覧にしてみましたが小さくて見づらいと思うので、30cm距離に本を置いた写真と共に

左上の商品から右に一つ一つ説明をしていきますね!

まずは左上のYABAE WAKE UP LIGHT

照度確認

30cm距離に本を置いてみる

照度が全く足りていないのが分かりますね。実際に使用すると明るくナイトライトとしては使用できますが、光目覚まし時計としては照度が基準に全く届いていません。

人気なのは使い勝手や価格からのようです。

30cm距離に本を置いてもぼんやりと明るい、という感じですね。

続いてサンライズクロック

照度確認

30cm距離に本を置いてみる

なかなか全体をふんわりと柔らかい光で照らしてくれていますが、こちらも光目覚まし時計の照度としては足りていません。

それもそのはずで、あのサンサンと明るいコンビニでさえ1500ルクス。目覚めるために必要な2500ルクスって結構すごい照度なのです。

30cm距離だと本を読んだりする分にはしっかりと明るい印象です。

次はVansky wake up light

照度確認

30cm距離に本を置いてみる

この商品は価格が安い為まぁまぁ売れているみたいですが…ちょっと照度が問題外です。話になりませんね!

次はフィリップスの人気商品Wake-Up Light HF3520

照度確認

30cm距離に本を置いてみる

なかなか明るくてびっくりしました。この商品くらいから起きられる人と起きられない人の境目です。実は照度は2500ルクスに全く達していないのですが口コミでは起きられた!という方もたくさんいました。

しかし確実さ、という部分では少し心許ないのも事実です。

30cm距離で見てみるとかなり明るくはあるのですが…2500ルクスの威力ってどこまでいるんだって思っちゃいます。笑

さて、ここからは光目覚まし時計の照度基準(2500ルクス)を満たしている3商品をあげていきます。

光目覚まし時計のドン。inti 4 (インティフォー)

照度確認

30cm距離に本を置いてみる

インティ4は小型なので写真では少々分かりずらいかもしれませんが、向こうのカーテンまでしっかりと照らされるほどしっかりとした光が伸び照度が2500ルクスで光目覚ましとしての基準を満たしています。

30cm距離でも強く光っているのが分かりますか?

威力が違いますね。

ちなみに110cm距離でも

本が白く飛んじゃうくらい明るいです。

もう一枚、インティ4をONにして撮った写真。

こんなに明るいんですw

※インティ4は7商品の中で最も小型になっていますので、その明るさをお伝えするために110cm距離と全体の光の強さの写真を追加してレビューしております。

 

続いてはブライトアップクロックⅡ

照度確認

30cm距離に本を置いてみる

 

こちらも写真で見て分かるほどの照度を持っています。インティより照度は低めですが、高さがあるので、その分部屋全体が明るくなる印象ですね!

問題なく明るい!

最後はブライトライトME+(ブライトアップクロックⅡの姉妹品です)

照度確認

30cm距離に本を置いてみる

こ、これは最強ですね。照度が群を抜いて一番です。この商品は高照度光療法という目的でも使用できるものになっています。30cm距離では明る過ぎるほどです。

優秀な光目覚まし時計はどれ?

写真からも分かるように光目覚まし時計として使用できるのは

  • インティフォー
  • ブライトアップクロックⅡ
  • ブライトライトME+
  • Wake-Up Light HF3520

の4商品となりそうです。そしてこの中で光目覚まし時計としての照度基準をみたしているのが

  • インティ4
  • ブライトアップクロックⅡ
  • ブライトライトME+

この3つを

  1. 価格
  2. 照度
  3. 持ち運びやすさ
  4. 保証

の4点から見ていきます。

照度 価格 持ち運びやすさ 保証内容
インティ4 3.500ルクス 25800円(税込・送料無料) 3ヶ月使用して効果が無ければ全額返金保障・使用中の故障も一年保証
ブライトアップクロックⅡ 3.000ルクス 21,364円(税込・送料込) × 初期不良、初期破損のみ無料修理交換
ブライトライトME+ 10,000ルクス 39,800円(税込・送料込) × 初期不良、初期破損のみ無料修理交換

以上を踏まえランキングを作成していきたいと思います。

最強決定!人気&おすすめの光目覚まし時計ランキングTOP7!

上記の3つのポイントをふまえ、人気&おすすめの光目覚まし時計ランキングTOP7を発表していきたいと思います。
*当サイト独自の見解です。

【1位】光目覚まし時計 inti 4(インティフォー) ★★★★★

コンパクトでありながら、起きるのに必要な照度2,500ルクスを軽々上回り、30cmの距離でルクスという照度になっている商品です。
光目覚まし時計の中では類を見ない「全額返金保証」がついています。
3ヶ月間お試し感覚で使用することができるため、気軽に購入しやすいと言えます。

コンパクトで軽い為持ち運びもしやすく、出張や仕事の際に集中力を高めるために使用したりすることも可能です。

30cm離れた場所での照度(光の強さ) 2,500lx(ルクス)
サイズ 12×12×2.8cm
価格 27,700円

 

【最下位】Vansky ウェイクアップライト※購入注意

お洒落なデザインでドーナツ型に発光するタイプの光目覚まし時計です。

実はこの商品Amazonでベストセラーを入りするほどの人気商品。

しかし、写真を見ても分かるように全く照度は足りず、私の元に来たのは欠陥の多い商品でした。

調べてみるとフィリップスを真似て作った中国製商品であることが判明。人気の理由は価格だけ。購入にはご注意を!

照度(光の強さ) 表記なし
サイズ 17×17×10cm
価格 2,980円

 

【2位】ブライトアップ・クロック ★★★★☆

縦長のデザインが特徴的で、30cm距離で3000ルクスの照度を持っています。

ブライトライトME+と同じ会社から製造販売されているため、コンセプトなどはほぼ変わりません。

目に優しい自然な光となっており、照射範囲も広めです。

実力は十分にありますが、サイズが大きく場所を取ること、安定性が少し不安なこと、蛍光灯の交換が必要などから2位となりました。

30cm離れた場所での照度(光の強さ) 3,000lx(ルクス)
サイズ 53.5×11×13.5cm
価格 21,384円

 

【3位】ブライトライトME+ ★★★★☆

高照度光療法というものに使用される器具となっており、医療機関や介護施設でも使用されている商品です。
30cm離れても、10,000ルクスもの光を浴びることができる点が特徴です。

ブライトライトME+と同じ会社から製造販売されているため、コンセプトなどはほぼ変わりません。

サイズがやや大きめですが、その分照射範囲が広く、使いやすいと言えます。

光目覚まし時計というよりは、価格やサイズ面から、高照度光療法を必要としている方におすすめしたい商品です。

30cm離れた場所での照度(光の強さ) 10,000lx(ルクス)
サイズ 53.5×33×13.5cm
価格 39,800円

 

【4位】Wake-Up Light HF3520 ★★★☆☆

光目覚まし機能はもちろんのこと、夜入眠しやすいようにするための機能もあります。
デザインも丸めで可愛らしい印象があり、1~3位の中ではデザイン性は一番ですね!

心地よい自然のBGMを流すことができます。

照度は300ルクスと暗めになっていますが、日の出をイメージしたゆっくりと明るくなる光によって、気持ちのいい目覚めをサポートします。

ただ、起きれる方、起きれない方というのがしっかりと分かれてくる商品(照度)なので価格の面からも4位となってしまいました。

30cm離れた場所での照度(光の強さ) 2500lx(ルクス)以下
サイズ 19.2×19.9×14.6cm
価格 26,500円(Amazon・並行輸入品)

 

【5位】サンライズクロック ★★☆☆☆

時間をかけて少しずつ明るくなっていくタイプの光目覚まし時計です。
照度を下げて読書灯やナイトライトとしての使用も可能になっています。

照度は250ルクスと暗いですが、留守中に在宅を演出するセキュリティ機能を搭載しています。

照度(光の強さ) 250lx(ルクス)
サイズ 18×24×18cm
価格 18,800円※価格は変動します
(Amazon・中古)

 

 

【6位】YABAE WAKE UPLIGHT ★★☆☆☆

YABAE WAKE UPLIGHTは持ち運びしやすく充電式でも使用可能という点が特徴です。
シンプルなデザインが可愛いということで、男女問わず人気があるみたいですが、光目覚まし時計というよりは間接照明として使用されているようです。

照度(光の強さ) 表記なし
サイズ 10×10×17.5cm
価格 3,985円(Amazon)

1位のinti4が選ばれる3つの理由

①手厚い2種類の保障が付いている

インティ4には

  1. 3ヶ月使用してみて効果が無ければ全額返金保障
  2. 1年間の商品保証

の2つの保障があり、光目覚まし時計が初めて!という方にも安心して挑戦できるようになっています。

②圧倒的なサイズ感

インティ4は小さく、そして軽い。出張にも旅行にも、デスクにもキッチンにもどこにでも

持ち運べるサイズが、光目覚まし時計にハマった、良質な寝起きを求める方に選ばれる理由となっています。

③確実に起きられる十分な照度

※発光面から90cm離れた場所で撮影

インティ4は小型にも関わらず威力はピカイチで30cm離れた距離でも2500ルクスもの

光を発光することができます。光目覚まし時計に必要な2500ルクスであり実力のあるちょうどいい照度に満足し

愛用している方が多いようです。またLEDが長寿命でライト交換が要らない点も優秀ですね。

光目覚まし時計初心者の方も、すでにハマっている!という方も、現在お使いの商品に納得がいっていない方も

インティスクエアなら価格や効果、保証やサイズ、全ての点で他のどの光目覚まし時計よりも満足いく結果になると思いますよ^^